• TOP
  • 記事一覧
  • こだわりの1杯を召し上がれ。美味しさが一堂に詰まった“どんぶりランチ”

こだわりの1杯を召し上がれ。美味しさが一堂に詰まった“どんぶりランチ”

特集記事

2021.08.18

和洋中さまざまなグルメが揃う大名古屋ビルヂング。時間がない時でも気軽に食べられて、1杯で高い満足度を得られる“どんぶりランチ“5選を紹介します。

台湾旅行の気分を味わえる「灯 by台湾甜品研究所」の「魯肉飯(ルーローハン)」

煮汁が浸み込んだ旨みたっぷりのご飯が食欲をそそる「魯肉飯」(1,000円)。

台湾の人気観光地・九份(キュウフン)をイメージした店内の「灯 by台湾甜品研究所」。台湾の伝統的で家庭に欠かせないご飯「魯肉飯」は、豚バラ肉を特製の甘辛い煮汁で煮込み、汁ごとご飯にかけ、たくあん、青菜、高菜、半熟ゆで玉子をトッピングした丼。“灯”では、大きめにカットした豚バラ肉とそぼろ肉をミックスして仕上げています。サッと食べたい時には単品で。ゆっくり食事を楽しみたい時には、小籠包、翡翠ハーカオ、肉しゅうまいの3種の点心とスープ、日替わりの小鉢が付くセット(1,250円)や、プラス250円でつけられる「台湾茶セット」を合わせて楽しんでみては。

レストラン・カフェ・フード B1F
灯 by台湾甜品研究所

贅沢な丼を味わうなら「肉や大善」の「ブランド牛サーロインステーキ丼」

「ブランド牛サーロインステーキ丼A-5等級」(4,180円)。サラダ、ナムル、スープ、デザートがセット。

年間50以上にも及ぶ全国各地のブランド牛を扱う黒毛和牛専門店ならではの贅沢な丼がラインナップする「肉や大善」の“どんぶりランチ”。大名古屋ビルヂング店限定でリーズナブルに提供する「和牛焼肉丼」や「店長おまかせステーキ丼」(2,500円)のほか、和牛ハラミやサーロイン、松坂牛カルビやブランド牛ヒレなどの贅沢な肉をのせた丼が約15種類揃います。中でも「ブランド牛サーロインステーキ丼」は、A-3等級、A-5等級、松阪牛A-5等級を選べるスペシャルな丼で、肉の甘さと柔らかさを堪能できるレアの焼き加減で食べるのがおすすめ。仕上げには、香味野菜とニンニクの風味を損なわないよう毎朝手作りで仕込む自慢の自家製秘伝ダレがかかり、肉の旨さを思う存分味わえる丼になっています。

レストラン・カフェ・フード 3F
肉や大善

新鮮な旬の食材を扱う「浪花ろばた八角」ならではの「海鮮ユッケ丼」

ご飯大盛り無料とピリ辛漬物食べ放題のサービスが嬉しい「海鮮ユッケ丼」(930円)。

産地直送の新鮮な素材を調理する「浪花ろばた八角」。“どんぶりランチ”は「やきとり丼」(830円)や「カツ丼」(750円)など全部で6種類あり、「海鮮ユッケ丼」は、サーモン、ホタテ、マグロ、イカ、ネギトロなど数種類の魚介が盛られた贅沢な丼として人気を集めています。味付けは、ごま油の香ばしさとピリ辛風味が食欲をそそるユッケダレ。途中で温泉玉子やワサビ、ネギや錦糸卵を絡ませることで、最後まで味のバリエーションを楽しむことができます。

レストラン・カフェ・フード 3F
浪花ろばた八角

備長炭でじっくり焼き上げた「レアル grande」の「やきとり丼」

サラダ、とろろ、味噌汁、漬物がセットになるランチ限定の「やきとり丼」(960円)。

備長炭でジューシーに焼き上げる焼とりと唐揚が自慢の「レアル grande(グランデ)」。ランチは唐揚やチキン南蛮などの定食、スタミナたっぷりの牛たんステーキ丼や、国産大豆で作る「長久手冨田豆腐」を使った豆腐丼などをラインナップ。定番の「やきとり丼」は、備長炭で外はカリッと、中はジューシーに焼き上げた鶏もも肉を甘辛い焼とりタレにくぐらせており、ご飯が進むこと間違いなしの一杯です。

レストラン・カフェ・フード 3F
レアル grande

手作りのグレイビーソースが味の決め手!「CHARLIE’S」の「ロコモコ」

ハワイの定番メニュー「ロコモコ」(880円)。113014005種類から選べるドリンク付きで1,200円。

日本全国から集めたこだわりのグロサリーが揃う「CHARLIE’S(チャーリーズ)」のカフェメニューは、ケーキやシュー生地風のクレープのようなパンケーキ「ダッチベイビー」などのデザートを中心に、ハンバーグやホットサンドイッチなどのフードも充実。今回紹介する“どんぶりランチ”「ロコモコ」は、柔らかくジューシーな牛肉を100%使ったハンバーグに、一から手作りする特製グレイビーソースを合わせた自慢の一品です。ハンバーグはオーブンで香ばしく焼き上げることで牛肉の旨みをしっかりと閉じ込めており、優しい味わいのソースと良く合います。フチはカリカリ、黄身はとろりと仕上げた目玉焼きを割って絡めながらどうぞ。

CHARLIE’Sおすすめのグロサリー記事はこちら

レストラン・カフェ・フード B1F
CHARLIE’S

記事一覧へ戻る