• TOP
  • 記事一覧
  • 度数は合っているのに見え方に満足できない…そんな悩みを解決!中部地区初導入の屈折測定機器「i Profiler plus」がスゴイ!

度数は合っているのに見え方に満足できない…そんな悩みを解決!中部地区初導入の屈折測定機器「i Profiler plus」がスゴイ!

〈金子眼鏡〉のフラッグシップショップとして、確かな技術でひとり一人に合った上質なメガネを提案する【FACIAL INDEX NEW YORK(フェイシャル インデックス ニューヨーク)】。前回紹介した「i.Terminal(アイターミナル)」に続き、眼球の精密な数値を測定し、それに合わせた処方ができる最新機器を導入!昼夜の見え方にズレが生じる、見え心地に満足ができない…そんな方のストレスを解消する新技術に注目です。

瞳孔の中心部から周辺部までを計測することで昼間と夜間で異なる見え方のズレを数値化

今回【FACIAL INDEX NEW YORK】が新規導入した最新機器は、メガネレンズだけでなく、カメラレンズやシネマレンズ、医療機器や半導体関連機器に至るまで、精密光学を牽引している〈カールツァイス〉が独自開発した「i Profiler plus(アイ プロファイラー プラス)」。従来は低次収差(近視・乱視・遠視などレンズで矯正できるズレ)を測定してメガネを作っていたところ、こちらの機器では高次収差(角膜表面の凹凸により起こる見え方のズレ)の測定が可能に。昼夜で異なる瞳孔の大きさを数値化することで、見えづらさの原因を探ることができます。

i Profiler plus」測定の様子。従来の測定器のようにレンズを覗き込み、奥に映し出される画像を見ているだけで測定ができます。

測定後は解析ソフトが目の状態をプロファイリング。図や写真と共にデータ解説するので、目の状態を理解しやすい点もメリットです。

左の丸が右目、右の丸が左目のデータ。球面、乱視、軸、瞳孔の数値を出すことで波面収差を色で表現。色が強いほど度数が高く、この場合は、右目の表面に歪みがあることがわかります。眼球全体で度数のムラが出ないよう、左目のような丸に近づけるようにレンズを作ることで的確な視力矯正が可能に。

誰でも暗くなると瞳孔が開き、カメラで例えるとピンボケのように物が見えづらくなり、被写界深度が失われ距離感が掴みづらくなるもの。その差をレンズ設計で考慮し、光の少ない環境での視力の改善をサポートする機器が「i Profiler plus」なのです。

従来は0.25単位でしか測定できなかった度数が0.01単位で測定可能!最適な度数のレンズ「i.Scription(アイスクリプション)処方」が叶う

他の機器にはできない高次収差測定の他にも、0.01単位で度数の計測ができることもポイント。これはメガネレンズを作る〈カールツァイス〉が計測器を独自に開発し、レンズ設計部門と連携することで実現した技術。今まで処方された度数にも関わらず見え方に違和感を覚えていた方は、この0.250.01の差に問題があることも。より自分の度数に合わせたメガネを作ることができます。

i Profiler plus」の後は通常の視力測定と「i.Terminal」測定。「i.Terminal」では、実際に選んだ〈金子眼鏡〉のフレームをかけ、顔の形や左右の差を測定することで、個人に合わせたメガネを作ることができます。測定時間はトータルで15分ほど。

最後はレンズ選びのカウンセリング。〈カールツァイス〉対応レンズにオプションという形でプラス17,600円。出来上がりまで約1週間でオーダーが可能。

現在のメガネの見え心地に満足されていない方におすすめ

今までのメガネの見え方に不満がある方はもちろん、「i.Scription」処方のメガネであれば、コントラストの向上により、本来の色をより明るくはっきり、そして濃く見ることができ、夜間の車のヘッドライトのような光源のグレア現象やハロー現象といったノイズを軽減します。

フレームは福井県鯖江市を代表する〈金子眼鏡〉のオーセンティックでラグジュアリーなメガネが揃います。「似合うメガネがわからない」という方も、スタッフに相談をすれば、的確なアドバイスを受けられます。

〈金子眼鏡〉のおすすめ一例。手前/べっ甲のような柄、ツヤや光沢が美しい、肌触りを追求したセルロイドシリーズ。「KC-35-RDDE41,800円、奥/黒のプラスチックとメタルが2層になった人気のコンビネーションフレーム。「KM-27L-BKBG41,800円 以上すべて〈金子眼鏡〉。

ひとり一人の目の形やライフスタイルに合わせたメガネが作れる、よりオーダーメイドに近づいた「カールツァイスレンズ」の技術。自身の目の状態を知り、適切な矯正をすることは、日々の生活の中でストレスの負荷を抑える効果もあるので一度ぜひ相談を。

FACIAL INDEX NEW YORK】の「i.Terminal」に関する記事はこちら

記事一覧へ戻る