• TOP
  • 記事一覧
  • カラフルで美しい断面がSNS映えすると話題!大名古屋の“萌え断”グルメ

カラフルで美しい断面がSNS映えすると話題!大名古屋の“萌え断”グルメ

特集記事

2021.08.18

カラフルで美しい断面は、SNS映えするだけではなく食欲をそそる彩りの良さが魅力。思わず「#萌え断」でSNS投稿したくなるグルメを集めました。

アートのような”萌え断”フルーツ大福専門店「覚王山フルーツ大福 弁才天」

毎朝市場から直送されるフルーツは、季節により品種や産地を変えるこだわり。写真はブランドイチゴを使った「すずあかね」(680円)と「キウイ」(550円)。

初夏から秋まで限定の「無花果」(980円)。みずみずしいイチジクを丸ごと包んでいます。※季節や仕入れにより価格は変動。

断面の美しさがSNSでも話題のフルーツ大福を作る「覚王山フルーツ大福 弁才天」。フルーツ大福ブームの火付け役とも言われ、日経トレンディ地方発ヒット大賞を受賞。断面美を生み出すポイントは、大福をカットするために添えられる“餅切り糸”。なんと、これも「覚王山フルーツ大福 弁才天」が元祖なのだとか。見ても食べても楽しいフルーツ大福は、子どもからご年配の方まで、幅広い方への手土産として人気を集めています。

レストラン・カフェ・フード B1F
覚王山フルーツ大福 弁才天

色とりどりの野菜が詰まった「山虎」の「韓国風海苔巻きキンパ」

「山虎」自慢のおばんざいが詰まっている「韓国風海苔巻きキンパ」(600円)。

地元三河湾の食材にこだわった魚料理や季節の食材を取り入れたおばんざい、地酒「長珍(ちょうちん)」が味わえる「山虎」の“萌え断”メニューは、おばんざいと口どけの良い海苔を合わせたキンパ。実はまかないとして、たまたま作ったところ好評でメニュー化したものだそう。単品でも注文できるおばんざい「イカ人参」や「豆もやしのナムル」、「小松菜のお浸し」、「牛ごぼうの青唐炒め」「出し巻き玉子」を、ゴマ油、塩、炒りゴマで味付けしたご飯と共に巻いています。おばんざいそれぞれの旨みが詰まっているので、〆のご飯ものとしてはもちろん、お酒のつまみとしてオーダーする方も多いとか。

レストラン・カフェ・フード 3F
山虎

定番に加えて季節限定も登場する「CHARLIE’S」の「マリトッツォ」

右「マリトッツォ ショコラフランボワーズ」(540円)、左「マリトッツォ プレーン」(411円)。

話題のグロサリーやカフェメニューの中でも、店主が良いと思ったものだけをセレクトし、いち早くトレンドを取り入れている「CHARLIE’S(チャーリーズ)」(おすすめのグロサリー記事についてはこちら)。昨今話題のスイーツパン「マリトッツォ」は、フレンチレストラン「Maison LePinMura(メゾン ルパン ミュラ)」監修だけあり、美味しさと見た目の美しさ共に上品な雰囲気が漂います。プレーンは、バターをたっぷり使用したほんのり甘いリッチなパンに、オレンジの香りと洋酒を纏わせた生クリームをたっぷりサンド。クリームの甘さが控えめでオレンジが爽やかに香るので夏でもさっぱり食べられます。パールに見立てた小さなチョコレートのトッピングが目を引く「ショコラフランボワーズ」は、フランスヴァローナ社の濃厚なクーベルチョコレートを使用したクリームと、木苺のコンフィチュールをサンド。ラム酒がきいた少し大人の味わいが特長です。

右「マリトッツォ ティラミス」(525円)、左「マリトッツォ ブルーベリー」(486円)。

季節限定の「ティラミス」はパンの内側にエスプレッソがしみており、4種類の中で1番しっとりとした食感を楽しめ、「ブルーベリー」はクリームチーズが入ったブルーベリークリームとパンの相性が楽しめる一品です。一言にマリトッツォと言っても、さまざまな味わいが楽しめるのが「CHARLIE’S」のマリトッツォ。いずれも水曜、土曜、日曜のみの販売で、昼頃には完売必至の人気メニューなので、早めの来店がおすすめです。

レストラン・カフェ・フード B1F
CHARLIE’S

ふわふわスポンジでイチゴたっぷりのジャムを巻いた「成城石井」のロールケーキ

甘酸っぱいイチゴジャムと軽い口当たりの生クリームを、きめ細やかで柔らかいスポンジが包み込む「苺と北海道産純生クリーム入りのロールケーキ」(1,178円)。

今年の6月末から販売している「苺と北海道産純生クリーム入りのロールケーキ」は、香料・着色料を使わず、乳脂肪分47%の純生クリームと、果実69%のイチゴジャムを使用した贅沢な味わいのスイーツ。特長は、生クリームとイチゴジャムの層が見える断面の美しさだけではなく、軽く触れただけでも凹んでしまいそうな、ふわっふわの生地。イチゴはトルコ産を混ぜ合わせた酸味の強い味わいで、優しいクリームの甘さの中に適度なスパイスを加え、食べやすい風味に仕上げています。包丁を入れると崩れてしまうほど柔らかいので、まずは切らずに“萌え断”写真を撮ってからどうぞ。

レストラン・カフェ・フード B1F
成城石井

韓国風海苔巻き“キンパ”をイメージした「タリーズコーヒー」のラップサンド

柔らかいトルティーヤで巻いた「サラダライスラップ 韓国風甘辛ビーフ」(440円)。

甘辛ダレで仕立てた柔らかいビーフ、錦糸卵、ニンジン、ほうれん草を雑穀米と一緒に包み込んだ韓国風海苔巻き「キンパ」をイメージしたラップサンド。手を汚さず食べられるので、時間の無いタイミングでの食事やピクニックフードとして親しまれています。「タリーズコーヒー」では他にも、まろやかなスクランブルエッグをたっぷりサンドした「たっぷりタマゴサンド」(363円)や、鮮やかな彩りの層が美しい「ハムチーズ&サラダサンド」(363円)などの、隠れ“萌え断”メニューが勢揃い。ぜひ多彩なビバレッジと共に楽しんでみて。

レストラン・カフェ・フード 5F
タリーズコーヒー

記事一覧へ戻る