• TOP
  • 記事一覧
  • ふわふわ、とろとろ、しっとり。食欲を刺激する名駅で食べられる魅惑のたまご料理

ふわふわ、とろとろ、しっとり。食欲を刺激する名駅で食べられる魅惑のたまご料理

特集記事

2021.09.22

栄養満点で和・洋・中とバリエーション豊かなたまご料理。絶妙な焼き加減が生むふわふわ感や半熟とろとろなど、味も食感も料理ごとに楽しめます。今回は看板メニューから隠れ人気メニューまで、今すぐ食べたくなる、大名古屋ビルヂングにある魅惑のたまご料理を集めました。

とろりとした卵が白米に絡む「NEW OLD STYLE 肉そば けいすけ」の「エッグライス」

丼一面に広がるチャーシューをトッピングしたラーメンが名物の「NEW OLD STYLE 肉そば けいすけ」。そのサイドメニューとして密かな人気を誇るのが、ふわふわ&とろとろの卵がクセになる「エッグライス」です。たっぷりのショウガ油で和風ダシを混ぜた卵を炒め、ふんわり半熟に仕上げたものをコシヒカリ100%の白米の上にON。シンプルだけど、ふと恋しくなる…そんな味が人気を集めています。

「エッグライス」(350円)。卵と白米の間にはチャーシューが隠れていて、さらに食欲を刺激します。肉そばとセットで食べるのがおすすめです。

たっぷりのショウガ油を熱したフライパンに、和風ダシを入れた卵を流し込み、絶妙な火加減で半熟に仕上げます。
レストラン・カフェ・フード B1F
NEW OLD STYLE 肉そば けいすけ

そば屋ならではのかえしで仕上げる、深い味わいのたまご料理が揃う「石臼挽きそば 石月」

毎朝、石臼でそばの実を挽いて作る二八そばや、季節限定のそば、季節の食材を使った天ぷらなどを揃える「石臼挽きそば 石月」。そば汁は東京丸の内の本店の味をそのままに、辛過ぎず甘みを控えたスッキリとした味わいに仕上げています。ここで食べられるたまご料理は、一品料理「だし巻き玉子」や、温かいそばにふわふわの溶き卵をのせた「玉子とじそば」、一風変わったメニューとして人気を集める「親子つけ汁そば」など。いずれも冷やして味を引き締めたそばつゆと、温かいダシを掛け合わせたかえしを使用しており、深みのある上品な味を楽しむことができます。

江戸庶民伝統の二八そばを親子丼のようなつけ汁にくぐらせて食べる「親子つけ汁そば」(1,320円)。少しとろみを加えているため、そばによく絡みます。取材時のそばは北海道雨竜郡雨竜町で採れたキタワセ種、鶏肉は「丹波赤どり」を使用。

愛知県産の「めぐみ玉子」を使用し、関西風の少し甘めの味に仕上げた「だし巻き玉子」(770円)。
レストラン・カフェ・フード B1F
石臼挽きそば 石月

白い見た目が写真映えも◎「浅草 キッチン大宮」名物「純白のオムライス」

東京浅草で30年以上続く洋食の名店「レストラン大宮」のオーナーシェフ大宮勝雄が手がけるこだわりの洋食店。洋食の王道であるハンバーグやオムライス、ビーフシチューと並ぶメニューの中で、ひと際目を引くのが今回紹介する「純白のオムライス」です。お米を食べて育った鶏が産む「ホワイトたまご」を使用し、牛乳の甘みとコクを感じるさらりとしたなめらかなホワイトソースにチーズをふんだんに混ぜ合わせた専用の真っ白いソースをかけたオムライスで、鶏肉とマッシュルームを炒めて作るチキンライスも色を付けずに仕上げています。

卵の包み方はふわとろの“オープンタイプ”と昔ながらの洋食店らしい“巻き”のタイプを選べる「純白のオムライス」(1,430円)。ライスは200gあり、たっぷりとしたボリューム感です。
巻きタイプのオムライスも、内側がふわふわとろとろになるよう半熟に仕上げています。

鉄板でジュワッと焼き上げる卵でくるりと包む「神戸六甲道・ぎゅんた」のオムそば

お好み焼きや焼きそばをはじめ、独創的な鉄板焼きメニューが味わえる兵庫県神戸発祥の「神戸六甲道・ぎゅんた」。いずれの料理も客席から見える鉄板で作られるので、料理が登場するまでに聞こえてくる音や、漂う香りも楽しみのひとつ。牛脂を香ばしく焼いて作る「油かす」で特製麺を炒めて作る焼きそばを、たっぷりの卵で包んだ「ぎゅんたのオムそば」は、ふんわりとろっとした卵に香ばしい焼きそばが絡む熱々の一品。他にも神戸名物のそばめしをオムそばと同じように仕上げる「オムそばめし」や、こんがり焼いた豚バラ肉を包む「とんぺい焼き」、ぎゅんた流玉子焼きの「ふわふわケランチム」など、バラエティ豊かなたまご料理が揃います。

具だくさんの焼きそばを鉄板で焼いた卵で包んだ「ぎゅんたのオムそば」(1,628円)。
溶き卵を強火の鉄板に流して焼き、半熟状態で焼きそばをのせて作ります。ジュワジュワと卵が焼き上がる様子は、食欲がかき立てられるビジュアルです。

卵を巻いた後に特製ソース、マヨネーズ、ダシ粉、青のりをかけて仕上げます。
レストラン・カフェ・フード 3F
神戸六甲道・ぎゅんた

記事一覧へ戻る