名古屋の真ん中で、オシャレにテイクアウトランチ。秋の風に吹かれながら in スカイガーデン

夏の恒例イベント「ひまわりスカイガーデン」も終了し、ホッと一息、落ち着いた時間を迎えているスカイガーデン。外で過ごすにはちょうどいいこの時期だからこそ、スカイガーデンにテイクアウトメニューを持ち込んで、オシャレにランチタイムを楽しんでみませんか。名古屋駅の慌ただしさの中にいながら、ここだけは穏やかに時間が流れているような“居心地のいい”ランチタイムが過ごせるはずです。

実力派イタリアンの味を屋外でいただく、いつもと違った贅沢感を

3F|TRATTORIA FRATELLI GALLURA

旬の食材と地元の魚介類を使ったカジュアルながら本格的なイタリアンが味わえる【TRATTORIA FRATELLI GALLURA】。特別感のあるランチタイムを過ごすのにぴったりな人気店から、スペシャリテ(パスタ)をテイクアウト。イカ墨を練り込んだ平打ち麺(シャラテッリ)に、魚介類の濃厚な旨味が染み出たトマトソースをたっぷり絡めていただきます。手長海老のソテーが丸ごと1尾、見た目にも上質感と贅沢感を味わえる一品。密かにファンが多い隠れ人気商品「自家製玉葱のフォカッチャ」も一緒にどうぞ。

「イカ墨を練り込んだシャラテッリ 手長海老と三河産魚介のトマトソース」(2,500円)、「自家製玉葱のフォカッチャ」(250円)。

みんな大好き、大宮シェフが手がける愛しの洋食メニューをお供に

B1F|浅草 キッチン大宮

東京・浅草の名店【レストラン大宮】の大宮勝雄シェフが手がける愛すべき洋食メニューたちも、実はテイクアウト可能。であれば、ここのシンボルとも言える代表作「純白のオムライス」を迷わずセレクトを。さらに、大きな海老フライ2本をセットにする“コンボ”メニューなら、洋食屋らしさを存分に堪能できるはずです。スカイガーデンでオムライスを食べながら、ハンバーグステーキも良かったな、次はデミグラスソースのオムライスにしようかな…と、洋食ってやっぱり安心するおいしさであることを実感してしまいます。

「海老フライ&オムライスコンボ」(1,836円)。オムライスは、「純白のオムライス」もしくは、ノーマルタイプの「オムライス」のどちらかを選べます。

【YURT】の人気ランチメニューを持ち出して、ピクニック in スカイガーデン

2F|YURT

使い勝手の良さと、カフェ飯の域を超えた本格的な料理の数々で人気の【YURT】のテイクアウトメニューを紹介。プレートランチの人気メニュー「スパイスチキン フレッシュサルサ添え」は、カリっとジューシーなスパイスチキンをトマトの“フレッシュ”なおいしさが生きたサルサソースでいただきます。サイドに添えられたサラダもしっかりボリュームがあるので、見た目以上に満足感の得られるランチタイムに。ドリンクは、味も見た目も爽やかな「ハーブレモンスカッシュ」がスパイシーなチキンと好相性です。

「スパイスチキン フレッシュサルサ添え」(1,680円)、「ハーブレモンスカッシュ」(750円)。

ハム・ソーセージ専門店の味を。ホットドッグと温かなスープで、ほっこり

B1F|メツゲライ・イノウエ

セレクト型本格ドイツ製法ハム・ソーセージ専門店【メツゲライ・イノウエ】の一食の価値ありのテイクアウトメニューと言えば、「カリーブルストドッグ」。名古屋・池下にある本店で人気の3商品「覚王山ドッグ」と「本気のフランクフルト」、「カリーブルスト」を“一度に食べられる”夢のようなメニューがこのホットドッグなのです。一緒にオーダーしたいのが、これからの季節に恋しくなるあたたかなスープ。もちろん【メツゲライ・イノウエ】のスープらしく、旨味たっぷりのコリコリ軟骨ベーコン入りです。

「カリーブルストドッグ」(972円)、「コリコリ軟骨ベーコンの具材たっぷりスープ」(648円)。

▶【メツゲライ・イノウエ】の「カリーブルストドッグ」についてもっと詳しく知りたい人はこちら

“ぽってりずっしり”食べ応えのあるアップルパイを、今日はランチ代わりに

B1F|あっぷるぱい考太郎

神奈川県・鎌倉生まれのアップルパイ専門店【あっぷるぱい考太郎】の商品なら食べ応えのあるサイズ感で、ちょっと軽めのランチ代わりにもなります。おすすめは、名古屋店限定の最高級アップルパイ「ホテルズアップルパイ」。国産小麦配合、発酵バターを使用した生地を職人が1枚ずつ手伸ばしで作る“手間暇かけた”一品です。ショーケースの中から2種類のアップルパイを選んで食べ比べできるのも専門店ならではの楽しみ方。不定期でミートパイやキッシュが並ぶこともあるので、こまめにチェックしてみて。

「バスクチーズアップルパイ」(598円)、「名古屋店限定 ホテルズアップルパイ」(769円)。

記事一覧へ戻る