• TOP
  • 記事一覧
  • 名古屋駅の夏の風物詩「ひまわりスカイガーデン2022」がスタート!夜のライトアップにも注目を

名古屋駅の夏の風物詩「ひまわりスカイガーデン2022」がスタート!夜のライトアップにも注目を

名古屋駅にも、本格的な夏が来た!毎年大好評の大名古屋ビルヂング夏の定番イベント「ひまわりスカイガーデン2022」が今年もスタートしました。スカイガーデン一面が“ひまわり”で埋め尽くされる、なんとも夏らしい風景に誰もが非日常的な時間を過ごせるはず。これまでよりもさらにスケールアップ&パワーアップした2022年版の「ひまわりスカイガーデン」をぜひお楽しみください。

公式Instagramのフォロワー投票によって選ばれた“フォトスポット”が登場!

2022年の「ひまわりスカイガーデン」は事前に大名古屋ビルヂング公式Instagramにて2種類のデザインからどちらのフォトスポットが良いかを決める、投票企画を実施。見事選ばれたドア型のフォトスポットは、見どころのひとつ。このドアをロケーションに使って、あなただけの映えフォトをぜひ撮影して。その他にも、ファンシーな世界観が可愛らしいブランコや、自転車にひまわりを飾り付けた装飾など、写真やもちろん、動画撮影でも盛れる&映えるスポットが盛りだくさん。

公式Instagramの投票企画で実現した”ドア型”のフォトスポットは、2022年版の「ひまわりスカイガーデン」のシンボル的存在です。

子ども人気が高くなりそうな2人掛けのブランコも設置。その世界観は、ひまわりとの相性も抜群です。撮影の際は、お客様同士譲り合ってご使用を。

自転車とひまわりがコラボした爽やかな雰囲気のフォトスポットも。自転車のカゴに飾られたひまわりも可愛らしい。

ひまわり畑の真ん中で撮影したような、憧れのひまわりに囲まれた撮影も可能

大名古屋ビルヂングの「ひまわりスカイガーデン2022」では、シルクフラワーのひまわりを使用。本物のひまわり畑には、虫が怖くて行けない、入れないという人も安心して楽しんでいただけます。もちろん、ひまわり畑の中に入ったかのような、まわりをひまわりに囲まれたフォトジェックな撮影も可能。今までひまわり畑に行ったことない人にこそ、ぜひ楽しんで欲しいスポットです。また、大名古屋ビルヂング内で購入したドリンクを持ち込んで、水分補給をしながら“ピクニック気分”で過ごすのもおすすめです。

ひまわりに囲まれた憧れの写真も、ここならバッチリ撮影できます。都心に現れた期間限定の“ひまわり畑”で、気分だけでも夏をたっぷりと満喫して。

18時からはライトアップも実施。夜風を浴びながら“ナイト”ひまわりスカイガーデンも

ひまわり畑と聞くと、一般的には昼のイメージですが、大名古屋ビルヂングの「ひまわりスカイガーデン2022」は、23時まで楽しむことができます。18時からはライトアップも実施。昼の風景とはまた違った、ちょっとムーディーな夏の風景を満喫できます。夜風を浴びながら、ひまわりに囲まれた非日常的な時間を過ごして。都心に居ながら日常の喧騒から離れて、「ひまわりスカイガーデン」で“2022年の夏”を思う存分に実感してください。

ライトアップされたひまわり畑は、昼とはまた違った表情を見せてくれます。気持ちのいい夜風を浴びながら、都心にいることを忘れてしまう時間を。

<開催期間>624日(金)~925日(日)

<時間>11:0023:00 ※ライトアップは18:00

<場所>5F スカイガーデン ※荒天時は閉鎖

▶2022年春「サクラスカイガーデン2022」の様子はこちら

▶2021年夏「ひまわりスカイガーデン2021」の様子はこちら

▶2021年春「ピックニックスカイガーデン」の様子はこちら

記事一覧へ戻る