ランチタイムは、名古屋駅の使える和食屋。【黒豚しゃぶしゃぶ 銀座 羅豚】お昼のラインナップは?

ランチ

2023.01.10

カツオ出汁ベースのそばつゆと柚子胡椒でいただく「黒豚しゃぶしゃぶ」が名物の【黒豚しゃぶしゃぶ 銀座 羅豚】。ディナータイムは、しゃぶしゃぶと和食の一品料理でゆっくり過ごすのが定番だが、ではランチタイムは?実は名古屋駅の“使える和食屋”として、選ぶのに迷ってしまうほどのメニュー数を誇ります。黒豚を使った定食はもちろん、和食の職人が丁寧に作る料理が並ぶ御膳まで、幅広い世代やシチュエーションに対応力抜群のメニュー構成。覚えていきたい和食屋、としてあなたのランチリストにエントリーを。

ランチメニューの先鋒は、やはり黒豚。あなたは、生姜焼き?トンカツ?カツ丼?

「黒豚しゃぶしゃぶ」を看板メニューに掲げるお店とあって、ランチメニューの中でも一番に目を引くのは、黒豚を使った定食。みんな大好き、黒豚のバラ肉に甘辛生姜ダレがたっぷりと絡んだ「黒豚生姜焼き膳」をはじめ、「黒豚厚切りロースかつ膳」(1,680円)や「黒豚ヒレかつ膳」(1,580円)、さらに「黒豚ロースかつとじ丼」(1,000円)がスタンバイされています。注目は、セットになるのが味噌汁ではなく”豚汁”という【黒豚しゃぶしゃぶ 銀座 羅豚】らしさ。ご飯のお供として、生姜焼きと豚汁は最強コンビと言っても過言ではありません。

「黒豚生姜焼き膳」(1,000円)。さり気なくお皿に添えられたマヨネーズが、「分かってる!」という気持ちにさせてくれます。たっぷり大容量の豚汁もご飯が進む大事なアイテムに。

職人の“丁寧な仕事”ぶりが生きた、和食屋らしい御膳メニューも

さらに、メニューに“さすが和食屋”としてエントリーしているのが「四季彩菜御膳」。旬の食材を中心に、少しずついろいろな料理が楽しめる和食らしさの詰まった御膳です。見た目の彩りの豊かさと華やかさも、贅沢感を感じさせてくれる大事な要素。また、“肉ではなく魚”という人も選べる選択肢として、「アジフライ膳」や「魚御膳」(1,000円)も。この気の利いたバリエーションの多さが、【黒豚しゃぶしゃぶ 銀座 羅豚】のランチタイムの魅力です。例えば、年配の家族がいるとき、上司がいるとき、この選べる魅力が役立ってくれるはず。

メニュー名の通り、季節の彩り豊かな料理が並ぶ「四季彩菜御膳」(1,650円)。土・日曜、祝日は、食後にシャーベットが付いて1,800円になります。

カリっと揚げられた大きなアジフライを、自家製のタルタルソースでいただく「アジフライ膳」(1,000円)。

看板メニューの「黒豚しゃぶしゃぶ」は、ランチタイムでもちゃんと楽しめます

最後に、看板メニューの「黒豚しゃぶしゃぶ」も。「黒豚堪能御膳」(2,500円)や「黒豚しゃぶしゃぶ食べ放題コース」(1名様 3,000円)が用意されているので、まずはランチで【黒豚しゃぶしゃぶ 銀座 羅豚】の主役を味わって。その他にも、夜のしゃぶしゃぶの〆として大活躍の蕎麦を使った「板そば 季節の炊き込みご飯膳」(1,000円)や「せいろ蒸し膳」(1,800円)なども揃い、ひとりランチはもちろん、友だちと、同僚と、家族と…さまざまなシチュエーションでフレキシブルに使えるランチの良店です。店内は、最大70名まで収容可能。半個室のようなプライベート感のある座席もあるので、ゆっくりとランチタイムを過ごしたいときにも最適です。

店内の奥は、名古屋駅へと面したガラス張りの開放的な空間。大名古屋ビルヂング内のレストランでは席数の多い大型店になるので、使い勝手の良さは抜群です。

※サイト内に掲載されている価格は、すべて税込価格です。 
※掲載情報は、情報公開日時点のものとなります。予めご了承ください。

記事一覧へ戻る

  • TOP
  • 記事一覧
  • ランチ
  • ランチタイムは、名古屋駅の使える和食屋。【黒豚しゃぶしゃぶ 銀座 羅豚】お昼のラインナップは?