• TOP
  • 記事一覧
  • 身近なことから考えよう。『サステナブル大名古屋』GOURMET編

身近なことから考えよう。『サステナブル大名古屋』GOURMET編

特集記事

2022.05.04

よく目や耳にするようになった“サステナブル”や“サステナビリティ”といった言葉。「人間・社会・地球環境の持続可能な発展」を意味するこれらの取り組みは、大名古屋ビルヂングでも行っています。この記事では、個性豊かなショップが取り組むグルメに関する“サステナブル”を紹介します。

産学連携プロジェクトから始まった、フードロス削減を意識した“キャンディアート”

横浜デジタルアーツ専門学校の学生が、【パパブブレ】のキャンディを使って作成したアート作品。

“世界一面白いお菓子屋さん”を目指すバルセロナ発祥のアートキャンディショップ【パパブブレ】は、遊び心を大切にしたいと考えるモットーから、フードロス削減の取り組みもユーモアたっぷり。例えば【パパブブレ相鉄ジョイナス店】(横浜市西区)がオープンする際に、近くにある専門学校「横浜デジタルアーツ専門学校」(神奈川県横浜市)のクリエイティブ職を目指す学生と産学連携プロジェクトを企画。さまざまな取り組みの中のひとつとして、賞味期限切れや製造工程の中で欠けてしまったことで商品化できなくなった“廃棄キャンディ”を硬化樹脂に閉じ込め、長年飾っておける作品“キャンディアート”を制作しました。このプロジェクトは産学・地域連携を仕掛けると共に、街や店頭に展示することで街に賑わいを創出する役割も担いました。

また、絵柄や形が崩れてしまったキャンディなど、賞味に問題がないキャンディは、通常のシルバーのパッケージとはガラリとイメージを変え、ナチュラルなクラフト紙をベースとしたデザインで商品化。一部の店舗ではありますが、意識が高い方に向けたデザインに仕上げて販売することで、フードロス削減に取り組んでいます。

レジ袋ゼロを目指すと同時に、ショッパーの使い捨てを防ぐため、繰り返し使える不織布のエコバッグを販売。各495円。

高級煎茶など14種類から選べる、お茶のサブスクサービススタート!

月額2,980円で利用できる「お茶のサブスクサービス」。

 1888年創業、世界の抹茶市場をリードしてきた愛知県・西尾市の老舗茶舗「あいや」が展開する【西条園 抹茶カフェ(サイジョウエン マッチャカフェ)】。すべての商品に使用する抹茶を、“味・香り・色”から選び抜くことで、抹茶本来の上質な味わいを堪能できるメニュー展開をしています。

そんなこだわりのお茶を提供する【西条園 抹茶カフェ】が新たに始めたサービスが、「抹茶・お茶のサブスクサービス」。初めに持ち運びができる水筒型の専用ボトル(2,860円※大名古屋ビルヂング就業者に限り1,000円)を購入すると、その後は月額2,980円でお茶が毎日何杯でも飲み放題に。抹茶、煎茶、ほうじ茶、和紅茶など10種類以上の中から選ぶことができ、茶葉とお湯をチャージするシステムなので、好きな濃度で楽しめるのもポイントです。毎日飲むものだからこそ、品質が確かなものを取り入れたい。そして、美味しく&お得にこだわりのお茶が飲めるのに、テイクアウト時に発生する紙コップなどのゴミを軽減できるという、サステナブルな取り組みです。

身体に良い抹茶を届けたいという思いから、有機抹茶「森の宴」(30g 1,836円)と「風の香」(30g 1,242円)の販売を開始。ショッピングバッグの有料化や、木製フォークを使用することで環境に配慮しています。

完全有機栽培の茶葉を使った 美味しいオーガニックおはぎ

左/「弦月」、右/「焙月」(各180円)※425日(月)~623日(木)限定

「くらしのすきまをあたためる」をコンセプトに、日本で古来より親しまれてきた伝統の和菓子をリブーティングする【OHAGI3(オハギサン)】。親から子へ授ける掌(たなごころ)のように、手作りで安心・安全な、こだわり抜いた無添加おはぎを届けています。

大名古屋ビルヂング限定で販売しているおはぎ「弦月」(げんげつ)と、「焙月」(ばいづき)は、それぞれ完全有機栽培の茶葉を使った“オーガニックおはぎ”。香り高いオーガニック抹茶をふんだんに使い、アクセントに柑橘ピールをのせた「弦月」(濃抹茶)は、完全有機栽培の静岡県川根産の抹茶を。アマサランス・黒米をブレンドした雑穀米に、有機ほうじ茶を使用した香り高い「焙月」(ほうじ茶)は、標高600mで育てられる完全有機栽培のほうじ茶を使用しています。

OHAGI3】のコンセプトの根底には、限りある環境や資源の持続可能性(=サステナビリティ)を追求するという決意があります。無添加や有機栽培素材を取り入れて、体に優しい商品を提供することは、すべての人の健康に繋がります。また、お米の残りをカフェで提供する甘酒やぜんざいに使用するなど、アップサイクルの試みも積極的に実施。フードロスの軽減に貢献しながら、これからも安心・安全で美味しいおはぎをお届けします。

限りある資源を大切に使うことへの意識を高めるため、ショップバッグを有料化。Sサイズ(20円)、Mサイズ(30円)。

売上の一部はWWFジャパンへ寄付 リユース可能な高機能ワインバッグ

「エノテカ オリジナルワインバッグ」左/2本用(1,980円)、右/1本用(1,650円)。

日本最大級のワイン専門店【ワインショップ・エノテカ】では、環境保全への取り組みとして、リユース可能で環境に配慮した高機能ワインバッグを販売しています。あらゆる形状のボトルに対応していることはもちろん、優れた耐久性と強力な保冷力を兼ね備えた、ワインラヴァーの皆さまにこそ、お持ちいただきたいワイン専用バッグです。

販売しているのは、横幅の広いブルゴーニュ型や、背の高いドイツ型もすっぽりと収まる1本用と、安全に持ち運べるよう収納可能な間仕切りを配置した2本用。いずれも売り上げの一部を、地球温暖化問題に取り組む環境保全団体WWFジャパンへ寄付しています。

スクリューキャップで気軽に飲める1,000円台のデイリーワインから希少性の高い高級ワインまで、幅広くラインナップしています。

『サステナブル大名古屋』FASHION編/ITEM&SERVICE編

『サステナブル大名古屋』FASHION編に関する記事はこちら

『サステナブル大名古屋』ITEM&SERVICE編に関する記事はこちら

記事一覧へ戻る