• TOP
  • 記事一覧
  • ディナー
  • ぐつぐつ煮込んで旨みも食欲もUP!寒い冬に食べたい、名古屋駅で楽しむ“HOT”な鍋グルメ

ぐつぐつ煮込んで旨みも食欲もUP!寒い冬に食べたい、名古屋駅で楽しむ“HOT”な鍋グルメ

ディナー

2022.01.19

身体を芯から温めるウマ辛鍋や、お酒が進む旨みたっぷりの鍋、ヘルシーなしゃぶしゃぶなど、大名古屋ビルヂング3Fの「大名古屋DINING」にはバラエティ豊かな鍋料理が揃っています。個室でゆっくり、家族とワイワイ、冬ならではの鍋グルメを紹介します。

日本酒を合わせてこそ完成する!?【浪花ろばた八角】の「痛風鍋」

今年から1人鍋を新たに始めた【浪花ろばた八角】。身体を温める熱燗や、熱い鍋を食べ進めるのにぴったりの冷酒を合わせて食べたいのが「痛風鍋」です。

ディナーのみ提供。「痛風鍋」(1,380円)。

白菜や水菜など、たっぷりの野菜に、旬の牡蠣や鱈の白子、あん肝、イクラなど痛風になりやすいと言われている具をのせた鍋で、スープは2種類のカツオ節と昆布をブレンドした店自慢のうどんダシを使っています。

いずれの具材も新鮮な素材を使っているので、火を通し過ぎないのがベスト。

お酒を飲まない方や、しっかり食事をしたい方には、鍋に、ご飯、総菜3種類、サラダか刺身3種盛が付くセット(1,700円)がおすすめです。「痛風鍋」は2月末頃までの限定メニューなので、早めの来店を。

【浪花ろばた八角】おすすめの日本酒と魚料理に関する記事はこちら

【浪花ろばた八角】のネット予約(ヒトサラ)はこちら

鍋も料理も欲張りたい!【黒豚しゃぶしゃぶ 銀座 羅豚】の「羅豚堪能御膳」

そばつゆにくぐらせてネギと共に食べる「黒豚しゃぶしゃぶ」が看板メニューの【黒豚しゃぶしゃぶ 銀座 羅豚】。ランチ限定の「羅豚堪能御膳」では、ノーマルのそばつゆの他、あっさりしているのにコクがあり、まろやかな味わいが楽しめる「豆乳鍋」、旨みをきかせたコク深い味わいの「ピリ辛鍋」の3種類からしゃぶしゃぶのつゆを選ぶことができます。

季節の小鉢、黒豚のヒレかつ、サラダ、刺身、ジャコご飯、デザートが付く「羅豚堪能御膳」(2,500円)。

写真はピリ辛鍋。たっぷりのネギを包んでどうぞ。

鍋の他にもいろいろな料理を少しずつ楽しめるのが魅力の「羅豚堪能御膳」。豆乳鍋とピリ辛鍋が選べるのはランチタイムだけなので、いつもとは違う黒豚しゃぶしゃぶが食べたいときにぜひ。

【黒豚しゃぶしゃぶ 銀座 羅豚】の黒豚しゃぶしゃぶに関する記事はこちら

【黒豚しゃぶしゃぶ 銀座 羅豚】のネット予約(ヒトサラ)はこちら

南フランスの食文化を堪能できる【RHUBARBE】の「魚介たっぷりブイヤベース」

本場フランスのガレットとクレープ、ビストロ料理が自慢の【RHUBARBE】。今回紹介する「魚介たっぷりブイヤベース」は、ランチ・ディナー共に通年食べられますが、寒い冬は特に恋しくなる味。南フランス・マルセイユの郷土料理として古くから親しまれています。

「魚介たっぷりブイヤベース」(2,860円)。

ワタリガニや旬の魚と共に、タマネギやセロリ、ニンニクなど、たっぷりの香味野菜と、スパイスを一緒に煮込んでダシをとったスープは、旨みが凝縮され絶品!具は大きなエビやムール貝、柔らかいイカやホタテ、ホロッと崩れる鯛などの魚介、ジューシーなトマトやホクホクのジャガイモなど、さまざまな食感と旨みを楽しめます。

「魚介たっぷりブイヤベース」についてくるバゲット。

また、具を食べ終わった後のスープが残った鍋に、バゲットを浸して食べるのが本場流。バゲットにはニンニクと卵黄で作るソース“ルイユ”と、削ったグラナパダーノチーズがまぶされていて、魚介の旨みとベストマッチ。素材の旨みを余すことなく堪能できるリピート必至の美味しさです。

RHUBARBE】のクレープに関する記事はこちら

RHUBARBE】のネット予約(ヒトサラ)はこちら

ピリ辛味噌ダレで焼き煮込む【九州博多料理 もつ鍋 幸】の「とんちゃん鍋」

一度湯通しをして、アクや余分な脂を取り除いたこだわりの牛もつと、キャベツやモヤシなどの野菜を秘伝のピリ辛味噌ダレで焼き煮込む【九州博多料理 もつ鍋 幸】の「とんちゃん鍋」。定番の「もつ鍋」とは異なる牛もつの美味しさに出合える鍋です。

「とんちゃん鍋」(1人前1,628円)※写真は2人前

本場博多にも店舗がある【九州博多料理 もつ鍋 幸】ですが、実はたっぷりの唐辛子をまぶした“辛さアップバージョン”は大名古屋ビルヂングのみ。また、鍋メニューは、ディナーでは2人前からオーダー受け付けのところ、ランチでは1人前からオーダーできるので、1人でも気軽に鍋が楽しめます。

味噌ダレと野菜の水分のみで焼き煮込むため、素材の旨みがギュッと詰まっています。

〆は、牛もつと野菜の旨みが溶け出したタレに絡めて仕上げる「とんちゃんキムチごはん」(660円)で、素材の旨みを余すことなくお楽しみください!

【九州博多料理 もつ鍋 幸】のランチに関する記事はこちら

【九州博多料理 もつ鍋 幸】のネット予約(ヒトサラ)はこちら

韓国B級グルメの定番!【韓国ごはん・酒家 ダイダイ】の「ラッポギ鍋」

韓国B級グルメの定番で、最近日本でも注目されている鍋が、ラーメンとトッポギを合わせた「ラッポギ鍋」。コチュジャンをきかせた濃厚甘辛スープに、トッポギ、チョップドハム、ソーセージ、ネギ、キャベツなどの野菜をたっぷり入れ、辛ラーメンと肉そぼろを重ねた状態でテーブルに登場します。

2~3人でちょうど良いボリュームの「ラッポギ鍋」(2,420円)。

インパクトのある見た目もさることながら、具がたっぷりで食べ応え十分。女性なら3人でもお腹いっぱいになるボリュームです。

火をいれて辛ラーメンがしんなりしてきたら食べ頃。

お腹に余裕がある方は「チーズリゾット」(440円)で〆るのがおすすめ。スンドゥブに近い味わいのスープなので、とろりとしたチーズと好相性。ディナーのみ提供、3月末頃までの限定メニューなので気になる方はお早めにどうぞ。

【韓国ごはん・酒家 ダイダイ】の人気メニューに関する記事はこちら

【韓国ごはん・酒家 ダイダイ】のネット予約(ヒトサラ)はこちら

記事一覧へ戻る